助詞表現カード

絵を見て正しい助詞を考える教材です。助詞の「が」「を」のどちらかが下線に入るので誰が、誰をに注目して考えみましょう。

助詞表現カードの使い方

1枚ずつ切り取って絵カードのように使うことがおすすめです。絵を見てどのような助詞が入るのか、助詞を直接考える学習として活用してください。

助詞表現カード【無料ダウンロード】

ぶんカ-ド (1集)

ぶんカ-ド (1集)

公文公
990円(07/23 02:37時点)
Amazonの情報を掲載しています
その他の教材はこちら

人気記事ランキング

1

ことばは1歳頃から話し始めると言われますが、話し出す前からも指差しをしたりママ・パパに目線を向けたり等コミュニケーションは始まり大人と笑い合ったり物の受け渡し等のやりとりから学習していきます。 このや ...

2

3歳以上になってくるとことばでのやりとりが出来るようになり、遊んだ場所やお友達の名前などを少しずつ子どもからお話出来るようになります。 そして5歳になると就学にむけて文字の読み書きや表現力が豊かになっ ...

3

私たちの周りにはひらがなや漢字が当たり前のように使われています。その中でもひらがなは文字学習の中で早く学習していきます。そこで今回はひらがな学習におけるポイントと無料教材についてご紹介していきます。 ...

4

赤ちゃんが喜ぶおもちゃ、歩き始めるようになってきたら喜ぶおもちゃ。子どもたちが喜ぶおもちゃは数多く存在しています。 ここでは私がことばの学習で使用する物や保護者におすすめとしているおもちゃを紹介してい ...

-無料教材
-