知能ってなに?IQや知能検査などで言われる知能【CHC理論から考える知能】

こんにちはコトノハ教室です。

今回は知能ということばについてお話していきます。

知能検査やIQ(知能指数)などといった知能ということばを聞いたことがあるかもしれません。

療育手帳を取得する時に知能検査が使われることが多いです。
(実際には知能面だけでなく、適応行動能力も問われます)

IQは数値が高いほど頭が良い風潮にあるかと思います。

しかしIQを測るといってもどのような能力を数値化しているのかわかりにくいかもしれません。

そのため今回は知能とはどのようなことを言っているかお話します。

知能の種類

知能ということばはたくさんの学者の人たちが研究してきました。

その数多くある研究の中にCHC理論という考えがあります。

今使われている知能検査はこのCHC理論の考えで説明することが出来るので今回はこのCHC理論に沿ってお話をしていきます。(CHC理論はCattel,Horn,Carollという3人の先生が研究しました。)

知能の種類は大まかに10個に分かれています。(この10個がさらに細かく分かれていきます)

その10個とは

流動性知能(Gf)
結晶性知能(Gc)
認知的処理速度(Gs)
視空間能力(Gv)
短期記憶(Gsm)
長期貯蔵と検索(Glr)
聴覚的処理(Ga)
決断/反応速度(Gt)
量的知識(Gq)
読み書き能力(Grw)

となっています。

聞き慣れないことばがズラリと並んでいるかもしれませんが、少しだけお話します。

流動性知能(Gf)

初めて経験する課題であっても、今までの知識や経験を使って考え抜く力

結晶性知能(Gc)

一般知識がこれに当たります。一般常識や学生の頃に勉強した歴史などがこれに当てはまります

認知的処理速度(Gs)

単純的な作業を素早く行うこと。例えばひたすら文字を書いていくなど。

視空間能力(Gv)

立体物や地図(ルート)などをイメージしたり、イメージした情報を考える力(違うルートで行ったらこの順番かなど)

短期記憶(Gsm)

ワーキングメモリーということばを聞いたことがないでしょうか。このワーキングメモリーというものがここに当てはまります。言われたことばを数秒覚えておくことや、覚えたことばを操作することなどが当てはまります。ことば遊びの“たぬき遊び”なんかはこれに当てはまります。

長期貯蔵と検索(Glr)(学習効率(Gl)と検索の流暢性(Gr))

学習効率→新しい学習を頭の中で時間をかけながら覚えておくこと
検索の流暢性→覚えている学習を素早く思い出す

聴覚的処理(Ga)

聞いた声を聞き分けたり覚えておく力。声(ことば)を聞いて覚えておいたり、声に出そうと頭に考える力など

決断/反応速度(Gt)

答えを選ぶ際に素早く選べる力

量的知識(Gq)

算数など数字、特に計算をすることに必要な力

読み書き能力(Grw)

ことばの読み書き

これらの10個の能力があるとされています。国内で使われる知能検査1つだけでこれら全てを把握できるものはなく、複数のアセスメントツールを組み合わせますが、子どもに複数のものを実施するとなると負担が多いため本当に必要な情報なのかどうか見極める必要がありそうですね。
知能に関連してコグトレという認知機能に注目した教材が使われることが増えてきた印象です。検査を実施しなくても学習状況から苦手、今後必要としているものを把握しコグトレ等の教材を使ってトレーニングを進めることm出来ます。

CD付 コグトレ みる・きく・想像するための認知機能強化トレーニング

CD付 コグトレ みる・きく・想像するための認知機能強化トレーニング

宮口幸治
2,200円(05/21 00:03時点)
Amazonの情報を掲載しています

知能検査の知能

今は知能検査をしてくれる場所は医療機関や福祉施設など多岐にわたって検査が行われています。

上であげた10個の能力を全て網羅しているわけではありませんが、いずれかの能力の得意不得意を知ることができます。

例えば積み木やパズルなんかを使った課題では視空間能力を求めているのかもしれませんね。

1つの検査では全ての能力をみることができないので、複数の検査を組み合わせながら知能の全体像を把握するということも海外では行われています。

もし知能検査を受けたことのある方がいたら、自分自身(またはお子さん)がどのような能力が得意不得意となっているのか、上の10個の能力と照らし合わせながら確認してみると良いかもしれません。

人気記事ランキング

1

ことばは1歳頃から話し始めると言われますが、話し出す前からも指差しをしたりママ・パパに目線を向けたり等コミュニケーションは始まり大人と笑い合ったり物の受け渡し等のやりとりから学習していきます。 このや ...

2

3歳以上になってくるとことばでのやりとりが出来るようになり、遊んだ場所やお友達の名前などを少しずつ子どもからお話出来るようになります。 そして5歳になると就学にむけて文字の読み書きや表現力が豊かになっ ...

3

ひらがな学習は小学校に入学してから本格に始まっていきますが、入学前から保育園や幼稚園でもひらがな学習を進める園も増えてきています。 私たちの周りはひらがなや漢字で溢れており、文字があるということが当た ...

4

赤ちゃんが喜ぶおもちゃ、歩き始めるようになってきたら喜ぶおもちゃ。子どもたちが喜ぶおもちゃは数多く存在しています。 ここでは私がことばの学習で使用する物や保護者におすすめとしているおもちゃを紹介してい ...

-支援者向け