【妊娠後期】破水対策何が出来る?

赤ちゃんの誕生を心待ちにしている妊婦さんが、安心して出産を迎えるための破水対策をご紹介します。
予測のできない破水はしっかりと対策しておく事が大切です。

双子妊婦の破水対策

流れを想像する

実際に破水したらどんな感じだろうと想像してみるといろんな事が見えてきました。

◯破水したらどうやって病院に行くのか
◯家具や部屋着が濡れたらどうなるのか
◯旦那さんや家族にはどう連絡をすればいいか(LINEなのか電話なのか、職場なのかなど)

介護用オムツ

布団が濡れたら大惨事になるので介護用オムツを履いて過ごすことがおすすめです。ベッドにペットシートのような物を敷くといった方法もあります。 

破水タクシーを含めた病院への行き方を考える

地域によっては破水時に利用できるタクシーがあります!シートの汚れを気にしなくてよかったり、病院を登録しておく事で最小限の会話で済むのだとか。

事前登録が必要なので早めにチェックしてみてください。

近年ではタクシーをすぐに呼べるアプリも普及していますので、該当地域にない場合はアプリの登録をしておきましょう。

どの交通手段にしろ、どうやって行くのかやすぐに家が出れるような準備。
タクシーだったらたくさんの荷物は持てないので入院時に必要な物と分娩等ですぐに使う物や貴重品を分け分かりやすいようにしておく事が大切だと思います。

入院道具などはあとから持ってきてもらえるので。

そして万が一救急車にお世話になった時も口頭で説明できるように玄関先に必要な物は置いておくといいです◎

まとめ

妊娠後期になると可能性として出てくるのが”破水”です。妊娠経過によっては健診でお医者さんに言われることもあるかと思います。

妊娠中は予測できない事が起こります。一人でいるときに急に破水したらパニックになってしまう事も考えられます。

破水だけに限りませんが、一緒に住んでいる家族や助けてくれる周りの人と事前に相談しておく事で少しでも不安を取り除けるのではないでしょうか。

人気記事ランキング

1

ことばは1歳頃から話し始めると言われますが、話し出す前からも指差しをしたりママ・パパに目線を向けたり等コミュニケーションは始まり大人と笑い合ったり物の受け渡し等のやりとりから学習していきます。 このや ...

2

3歳以上になってくるとことばでのやりとりが出来るようになり、遊んだ場所やお友達の名前などを少しずつ子どもからお話出来るようになります。 そして5歳になると就学にむけて文字の読み書きや表現力が豊かになっ ...

3

ひらがな学習は小学校に入学してから本格に始まっていきますが、入学前から保育園や幼稚園でもひらがな学習を進める園も増えてきています。 私たちの周りはひらがなや漢字で溢れており、文字があるということが当た ...

4

赤ちゃんが喜ぶおもちゃ、歩き始めるようになってきたら喜ぶおもちゃ。子どもたちが喜ぶおもちゃは数多く存在しています。 ここでは私がことばの学習で使用する物や保護者におすすめとしているおもちゃを紹介してい ...

-妊娠・出産