【無料教材】マトリックス教材とその使い方

マトリックス教材は2つの属性(色名+名詞など)を見て適切なことば(赤い車など)を学習する教材です。

2語文以上のことばの学習で度々使用することが多いです。

マトリックス教材の使い方 

コトノハ教室 ことばの指導 プレゼンテーション資料より

1枚の用紙として使用する方法

上記イラスト資料にあるように1枚の用紙の中からことばの学習を進めます。
①色名と名詞をそれぞれ確認します。
②資料画像の斜め線方向に名称を答える(赤い傘→青い車→黄色い時計)。
③②を学習後に斜め線以外のことばについても話してもらう。

台紙にカードを貼ってもらう

上記のイラスト資料は1枚の用紙として使いましたが複数の属性語(赤い車など)の絵カードを切り取り、台紙の適切な箇所に貼るという学習です。
①複数の属性語のない台紙と複数属性語カードを用意。
②複数属性語カードを適切な箇所に置いていく。

下記よりダウンロード可能です。印刷したものをラミネートしてマジックテープやマグネットなどをつけご使用すると様々な使い方ができます。

【無料ダウンロード】マトリックス教材(色+名詞)

【無料ダウンロード】マトリックス教材(人・動物+表情)

人気記事ランキング

1

ことばは1歳頃から話し始めると言われますが、話し出す前からも指差しをしたりママ・パパに目線を向けたり等コミュニケーションは始まり大人と笑い合ったり物の受け渡し等のやりとりから学習していきます。 このや ...

2

3歳以上になってくるとことばでのやりとりが出来るようになり、遊んだ場所やお友達の名前などを少しずつ子どもからお話出来るようになります。 そして5歳になると就学にむけて文字の読み書きや表現力が豊かになっ ...

3

ひらがな学習は小学校に入学してから本格に始まっていきますが、入学前から保育園や幼稚園でもひらがな学習を進める園も増えてきています。 私たちの周りはひらがなや漢字で溢れており、文字があるということが当た ...

4

赤ちゃんが喜ぶおもちゃ、歩き始めるようになってきたら喜ぶおもちゃ。子どもたちが喜ぶおもちゃは数多く存在しています。 ここでは私がことばの学習で使用する物や保護者におすすめとしているおもちゃを紹介してい ...

-無料教材
-,